おすすめ書籍

患者さんのための乳がん診療ガイドライン

51bHjr9PMML._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

編集:日本乳癌学会
(ガイドライン作成小委員会)

出版社:金原出版

価格:2,530円(税込)

​B5版 240頁 

◆主要目次・マインドマップ・質問集・診療ガイドラインとは? -本書の読み方・使い方-・乳がん診療を正しく受けていただくために・原因と予防について・乳がん検診と診断の進め方・乳がんと診断されたら・初期治療を受けるにあたって・初期治療後の診察と検査・転移・再発について・薬物療法について・療養上の諸問題について・若年者の乳がん・男性乳がん・付1 乳がん治療に使用される薬剤一覧

 

納得のいく医療を受けるためには、患者さんが標準治療(=最善の治療)や診療方法について正しく理解したうえで、医師と相談し、その人に合った治療を選択 することが重要である。本書は、乳がん患者さんやそのご家族が、いま知りたいことについて、正しい情報をわかりやすく得られることを目的に医師と患者さ ん、看護師、薬剤師が力を合わせ、作成された。最新の情報をもとに、患者さんからの計70の質問(Q)に対する回答(A)と解説を掲載している。

乳がん・子宮がん・卵巣がん術後のリンパ浮腫を自分でケアする

514pHiqPGDL._SX218_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg

監修:広田内科クリニック院長廣田彰男、後藤学園付属リンパ浮腫研究所所長佐藤佳代子

出版社:主婦の友社

価格:3,630円(税込)

単行本21 x 18.4 x 1.6cm 143ページ

リンパ浮腫は、何らかの理由でリンパ液の流れが滞り、腕や脚、その他の部分にむくみがあらわれるというものです。乳がんや婦人科がん(子宮がん・卵巣がん)の手術で、リンパ節を切除した後に起こりやすく、放射線治療のあとにもみられることがあります。前立腺がんの手術で、リンパ節を切除した男性にも起こることがあります。また、はっきりとした原因がわからない場合もあります。
  原因が何であれ、だんだんむくみが強くなって、不安な毎日を送っている人は決して少なくありません。
  リンパ浮腫は適切な治療とケアによって必ず改善します。リンパ浮腫がどういうものか、それがわかればじょうずなつきあい方もわかり、たいていの人は普通の生活を送ることができます。
  リンパ浮腫のケアで大切なのは、身体の声に耳を傾けながら、自分自身を大事にしてあげること。つらいときはつらいと言ってよいのです。ご家族や友人、恋人、職場の人たちにも協力してもらい、医療の専門家やリンパ浮腫のセラピストのアドバイスを受けながら、心地よい暮らしを手にしてください。

*全国有名書店やアマゾンで取り扱いがあります。(当サイトでは販売を行なっておりません)